佐藤庫之介書論集 書の宙へ

一般

佐藤庫之介書論集 書の宙へ

佐藤庫之介書論集刊行委員会(編)

定価
4,180円(本体3,800円+税10%)
ISBN
9784891153953 C3070
仕様
A5判/435頁/並製
発売日
2021年5月27日
Amazonへ

内容紹介

北海道の書道界で先端的な批評活動に熱を注入してきた批評家、佐藤庫之介の書論集。


北海道の書に関する評論、優れた書人論、協働的意識に根差した展覧会批評、書の歴史に関する講話、新聞などに発表したエッセイなど、様々な場面で展開された書論を採録した。

目次

佐藤庫之介書論集「書の宙(そら)へ」刊行にあたって


さっぽろ文庫53 札幌と書『札幌の「書」その歩み』
北海書人『北海道書道史稿』


書人論集成
・佐藤大朴作品集『管見・佐藤大朴素描―あるいは〈飛〉と〈骨〉のあいだ』
・小川東洲●書『近ごろの臨書―東洲書の一断面』
・定本 大澤雅休・大澤竹胎の書『青春回帰の構図=大澤雅休の芸術=』
・加納守拙遺作展記念出版「守拙遺蹤」『加納守拙という出来ごと』
・我妻緑巣の書業1991―2004『鑑賞と解説のあいだで』
・長恨歌への憧れ 山田太虚古稀記念書展作品集『「長恨歌」の遠近法―オムニバスふうに』
・古稀記念 小原道城作品集『「第十三回小原道城書作展」に寄せる』
・中野北溟の世界『方形の海、ふたたび』
・「交錯する眼差しの方へ」'08書展『五人の使徒たちに寄り添って』
・「交錯する眼差しの方へⅡ」'13書展『五人の使徒たちに寄り添ってⅡ』
・岡田大岬個展『「十年連続個展」第四回展に寄せる』『折り返した第六回展に寄せて』


女流書作家集団会報 紫陽花『書道史を学ぶ』
毎日新聞北海道版『書のひととき』
北海道書道連盟報
・第7号『第二回展によせて「思いつくままに」』
・第48号『管見・第二十回北海道書道展』
・第80号『佐藤庫之介氏札幌市民芸術賞受賞「回想的断章」』


第50回北海道書道展作品集『管見・北海道書道展―いのちあるものとして、あすへ―』
'91北海道の「書」20人の世界展『《北海道の「書」》論の契機のために』
北海道書道歴
・『解説/桑鳩の北海道―または、上田桑鳩論序説』
・『山口子羊論の一視点〈解説にかえて―〉』
美術ペン
札幌美術展
・平成十三年度「札幌の美術2002―20人の試み展」
・平成十四年度「札幌の美術2003 19+1の試み展」
・平成十五年度「札幌の美術2004」


略歴

著者紹介

※この本は「佐藤庫之介書論集刊行委員会」を発行元とし、中西出版が発売しています。

上記内容は刊行当時のものです。