人と地域と文化を繋ぐ

電子版のみのタイトルの紹介

01ほっかいどう百年物語①【開拓・町づくり編】
STVラジオ 編
…『ほっかいどう百年物語』1~10集をマイクロコンテンツ化。【開拓・町づくり編】として黒田清隆・松浦武四郎ら10人を抽出…
02ほっかいどう百年物語②【医療・福祉編】
STVラジオ 編
…『ほっかいどう百年物語』1~10集をマイクロコンテンツ化。【医療・福祉編】として、荻野吟子・関 寛斎ら10人を抽出…
03ほっかいどう百年物語③【教育・研究編】
STVラジオ 編
…『ほっかいどう百年物語』1~10集をマイクロコンテンツ化。【教育・研究編】として、クラーク・新渡戸稲造ら10人を抽出…
04ほっかいどう百年物語④【文学・美術編】
STVラジオ 編
…『ほっかいどう百年物語』1~10集をマイクロコンテンツ化。【文学・美術編】として、木田金次郎・宇野千代ら10人を抽出…
05ほっかいどう百年物語⑤【音楽・芸能編】
STVラジオ 編
…『ほっかいどう百年物語』1~10集をマイクロコンテンツ化。【音楽・芸能編】として、伊福部昭・おおば比呂司ら10人を抽出…
06ほっかいどう百年物語⑥【行政・公共施設編】
STVラジオ 編
…『ほっかいどう百年物語』1~10集をマイクロコンテンツ化。【行政・公共施設編】として、高田富與・廣井勇ら10人を抽出…
07ほっかいどう百年物語⑦【スポーツ編】
STVラジオ 編
…『ほっかいどう百年物語』1~10集をマイクロコンテンツ化。【スポーツ編】として、スタルヒン・大鵬ら10人を抽出…
08ほっかいどう百年物語⑧【産業・観光編】
STVラジオ 編
…『ほっかいどう百年物語』1~10集をマイクロコンテンツ化。【産業・観光編】として、黒沢酉蔵・竹鶴政孝ら10人を抽出…
hhi1北海道歴史秘話
小西 義孝 著
…北海道の歴史の中から「意外な」事実や興味深いエピソードを拾い上げ、軽い読み物にまとめまた。…
shi札幌秘話
小西 義孝 著
…情報誌「あうる」(平成11年1月~平成17年11月)に掲載された「札幌秘話」に加筆して1冊にまとめた。「トルストイの手紙が札幌にあった!」、「すすきのは役人が造った街?」等、著者は札幌生まれの構成作家。…
egg安全な卵の見分け方
駒井 一慶 著
…『蒼穹のジャック』として配信していた作品に、補筆し改題したもの。本書は不幸にも牧場経営にしくじり負債をかかえながらも、「養鶏」で再起を図ろうと苦闘する男の実話に近い物語である。補筆箇所では、卵アレルギーの子を持つ親に喜ばれることで、化学添加物を一切使わない自家配合の飼料に自信を得て、タマゴ屋として力強く歩もうとする様子が描かれる。…
cow牛とキャッチボールを
駒井 一慶 著
…祖父母の死をきっかけに牧場のオーナーの父と険悪な関係になった一人娘のなっちゃんが、「共進会」に向けて牛の調教を学ぶ中で父との関係を修復し、新しい目標を見つけていく物語。借金に追われ、更に大けがの不運に見舞われた父は、拒絶されながらも牛と「キャッチボール」をする(気持ちを伝え合う)姿勢の大切さを娘に教える。…
zoo進化する動物園・水族館
児玉 敏一 著
…近年、急速に進化を遂げてきた動物園・水族館のイノベーションの成果を目で見てもらうことを目的としたもの。動物たちの見せ方や飼育員と動物たちとの接し方、子供の興味を引くような工夫など、特徴的な試みを行っている施設を訪問し、ヒアリングを重ねる過程で撮影してきた写真の一部を掲載している。…
craneGRACEFUL DANCE(English/中文/日本語)
中西出版企画部 編
…優美に飛び、舞う姿で人々を魅了するタンチョウは、昭和39年(1964)に「北海道の鳥」に指定され、広く親しまれている。現在、特別天然記念物でもあり、北海道を代表する鳥として、内外の観光客にも人気が高い。また主な生息地である釧路湿原は、ラムサール条約の登録湿地の指定を受けて保全が図られている。…
johnジョンスン郡の戦い
上野 修一 著
…1892年の早春、開拓時代も終りに近づいていたころ、ワイオミング州での話。大牧場主たちは、より広大な放牧地を独占するために、家畜泥棒退治という名目で、小牧場主や開拓民を法を無視し暴力的に排除しようとした。事件はやがて州政府から合衆国政府、大統領から国軍までをも巻き込む騒ぎとなってしまった。挿絵も楽しめる。…
goroku西部人語録
上野 修一 著
…開拓期の西部を生きた拳銃使い、強盗、治安官、軍人、先住民など多様な人々の言葉から、当時の荒々しい世相を読み取ることができる。抑圧されていった先住民に対する政府の政策について、諸部族の悲しみ、苦しみのにじみ出ている言葉が多いのが胸を打つ。挿絵も楽しめる。…
star西部劇スター
上野 修一 著
…「西部劇オタク」を任ずるグラフィックデザイナーの著者が、登場人物のイラストを描いているうちに一言語りたくなり、「解説」を加えた。…
shihyo私評 西部劇
上野 修一 著
…本書は西部劇をこよなく愛する著者の、独断と偏見に満ちた映画評論である。登場人物への思い入れが溢れるイラストとともに楽しめる。…
ind1インド逍遙(上)
須貝 光夫 著
…「インドへ行って、仏跡を歩いてみたい。これは私の長年の夢であった。」
精神文化揺籃の大地・インドを宗教美術を辿り約三か月インドを遊歴した著者の記録。遺跡の精緻な解説とともに、人々との出逢いと交流、別れが鮮やかに綴られている。…
ind2インド逍遙(下)
須貝 光夫 著
…「インドへ行って、仏跡を歩いてみたい。これは私の長年の夢であった。」
精神文化揺籃の大地・インドを宗教美術を辿り約三か月インドを遊歴した著者の記録。遺跡の精緻な解説とともに、人々との出逢いと交流、別れが鮮やかに綴られている。…
namaなまらじいちゃんち
さなえ 著
…冬休みにまさるくんは、札幌のおじいちゃんとおばあちゃんの家に遊びにいきました。大好きなおじいちゃんとお話ししますが、不思議な言葉が沢山出てきます。おじいちゃんの北海道弁に、都会育ちのまさるくんが不思議がったり、驚いたり・・・。北海道弁の意味を当てるクイズも用意されています。…
mido緑の手づくり
吉井 厚志・岡村 俊邦 著
…一般的に、自然林の再生には数十年から数百年の時間がかかると言われているが、本書の著者たちは高さ10mの広葉樹が生い茂る「自然に近い森」を、わずか10年でつくる技術「生態学的混播・混植法」を開発していく。その歩みを克明にたどったのが本書である。…
shigoあなたの知らない「死語」の世界
小西 義孝 著
…今や「死語」となり忘却の彼方へ消えていった懐かしの言葉や、消えつつある言葉の数々を取り上げた、軽妙かつ辛口のコラム。…
sakugo時代錯語
小西 義孝 著
…日頃、何気なく目や耳にしたりする言葉の使い方には、大きな誤解と勘違いがある場合が結構ある。思わず笑ってしまうような使用例が語られる。…

赤毛米を育てた久ぞうさん赤毛米をそだてた久ぞうさん

坪田啓子/文・斉藤はつめ/絵
…「みんなげんき?まいにちごはんたべてる? わたしは赤毛米の〈まいピー〉。きょうはお米のおはなしをするよ。」
寒冷な気候のため米が育たないとされていた北海道で、困難を乗り越えて稲作を成功させた中山久蔵のおはなしを、久蔵が育てた赤毛米のキャラクター〈まいピー〉が紹介します。北海道の稲作と北広島市の昔がわかる、幼児から小学校低学年向けのやさしい絵本です。…

お気軽にお問い合わせください。 TEL 011-785-0737 8:30 -17:00

PAGETOP
Copyright © 中西出版株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.