a 2017年9月8日(金)から11日(月)までの4日間、チ・カ・ホ札幌駅側イベントスペースにて、札幌市主催の「いいとこ撮り北海道2017フォトコンサミットin Sapporo」が開催されました。
 このプログラムの一つとして、北海道・札幌市政策研究みらい会議が「温故知新!Hokkaido偉人探索プロジェクト」を企画し、松浦武四郎と村橋久成が取り上げられました。当会の田中和夫氏が村橋を担当し、紹介しました。
 air-G’北海道・パーソナリティの前田幸氏の司会で、最初に北海道・札幌市政策研究みらい会議のメンバーが活動の趣旨を説明した後、田中氏によるミニセミナーに移りました。村橋久成が箱館戦争で果たした役割や開拓使の幹部として手掛けた事業の数々を説明しました。
 講演という形ではなく、司会者からの問いかけに応えるというスタイルで、村橋の生き様を簡潔に語りました。短い時間の中では、効果的であったといえます。用意された席は埋まり、参加者は熱心に耳を傾けていました。
 北海道久成会では「北海道150年事業」の一環として、今後も独自企画の実施や関連企画への参加を続けていく所存です。