昨年12月の「“あの日たち”へ~旭川・劇団『河』と『河原館』の20年~」刊行を機に、旭川文学資料館で開催された企画展を、紀伊國屋書店札幌本店でも開催いたします。
 既成の演劇に異議を唱えたアングラ・小劇場演劇が一世を風靡した1970年代から80年代にかけ、北海道旭川に、圧倒的な熱量で観客の視線を釘付けにした劇団「河」。企画展では当時の舞台写真やポスター、台本などの貴重な資料を通して、その功績を振り返ります。
 また、展示初日の7月1日には、「劇団『河』と『河原館』の日々」と題し、1階インナーガーデンでトークイベントを開催。著者の那須敦志さんを解説・司会に、俳優として「河」の舞台を支えた松井哲朗、伊東仁慈子、中村かんこの各氏にご登場いただき、劇団の熱い軌跡について語ります。

【企画展】「劇団『河』展・札幌展」札幌展チラシ
2017年7月1日(土)~6日(木) 10:00~19:00(最終日~18:00)
紀伊國屋書店札幌本店 2階 ギャラリースペース

【トークイベント】「劇団『河』と『河原館』の日々」
2017年7月1日(土) 14:00~15:30
紀伊國屋書店札幌本店 1階 インナーガーデン

※いずれも入場無料
会場/紀伊國屋書店札幌本店
札幌市中央区北5西5-7 sapporo55ビル

チラシは以下よりダウンロードできます
「劇団『河』展・札幌展」チラシ(PDF、3.93MB)

 また、先にお知らせした劇団「河」復活公演「詩と劇に架橋する十三章」は、札幌公演を予定しております。詳細が決まり次第ご案内いたします。