復活公演 1970~80年代に強烈な存在感で観客を魅了し、当時の在京演劇人にも注目された旭川の劇団「河」が、休止から30年の時を経て、復活公演「詩と劇に架橋する十三章」を上演いたします。
 本作品は座付き作家の塔崎健二(故人)が40年前に書き下ろした小熊秀雄の「焼かれた魚」をベースに吉増剛造、金子光晴、吉本隆明、他6篇の詩をコラージュした実験的作品となっています。

 2017年5月20日(土)にNHKテレビの朝7時30分から放送の「おはよう北海道」で、復活公演の稽古風景を含め紹介されることになりました。
 旭川での7月14(金)から16日(日)までの公演の後、札幌での公演も計画されています。
 また、この公演に先駆けて、「河」の活動の軌跡を辿った“あの日たち”へ(中西出版)発刊記念企画展が、7月1日(土)から6日(木)の日程で、紀伊國屋書店札幌本店2Fギャラリースペースにて開催されます。
 併せてご紹介いたします。

「詩と劇に架橋する十三章」

日 時/7月14日(金) 開演19:00
    7月15日(土) 開演14:00
    7月16日(日) 開演13:00
会 場/市民活動交流センター CoCoDe
    旭川市宮前1条3番30号
    電話 0166-74-4151
料 金/大人 ¥1,500(当日¥1,800)
    高校生以下 ¥1,000(当日¥1,200)
    小学生以下 無料