松本 浦 著
定価:¥1,800+税
ISBN978-4-89115-390-8  C0071
A5判横/128頁/並製
[2020年12月23日刊行]

order-1

概 要

よみがえる! 懐かしき時代の風景

昭和に見かけた家並み。
今なお、路地の片隅に存在している、未だ存在感を放ち佇む建物たち。

札幌駅から中心部、電車通、狸小路。北海道内の港町や炭鉱、そして東京の街角で。
時代のひだに消えゆく街並みを描き溜めた取材(スケッチ)の足跡から、未発表作品を含む61点を収録。
映画館勤務の後、挿絵画家として活動してきた松本浦の初めての作品集。

目 次

札幌
まちの始まり
1,エドウィン・ダン記念館/2,真駒内用水/3,日本基督教団札幌教会
4,北大植物園博物場/5,北大モデルバーン/6,ジェラトーニ基地
7,キッチンバロン/8,元祖・雷除け志ん古/9,八紘学園農産物直売所
札幌駅から中心部へ
10,阿部邸/11,石の蔵ぎゃらりい はやし/12,高城商店
13,4丁目会舘/14,しゃみ靴店の冬/15,中島公園ボート乗り場
16,中野商店/17,すすきのタクシー乗り場
電車通界隈
18,ササラ電車がゆく/19,京ちゃんの店/20,味楽/21,中橋邸
22,ゆりや食堂/23,御幸交番の春/24,一条まるふじ/25,てまひま
26,第2三谷ビル/27,創成橋と市電南一条線/28,北海道神宮頓宮
狸小路三業大学
29,狸小路を見下ろす/30,狸小路市場/31,狸小路の青空
32,五衛門ラーメン/33,しら菊/34,狸小路三業大学

北海道内
港町
35,室蘭 絵鞆小学校/36,室蘭港ナイトクルージング
37,大町交差点/38,藤田商店/39,裏濱町の路地/40,釧路一望
41,釧路川河口/42,小樽花園町路地/43,小樽水天宮参道
44,線路から水天宮を/45,函館漁港 船入澗防波堤
46,苫小牧 第一洋食店/47,古平 中央旅館
炭鉱
48,住友奔別炭鉱/49,夕張支線/50,幌内 カナヤ薬房
映写機たち
51,フジセントラル/52,ゼネラル映写機
53,三和精機の移動式映写機

道外への旅
東京
54,墨田区 礼服のカドヤ/55,北区王子 さくら新道
56,神田のクリーニング店/57,文京シビックセンターから
旅行記
58,松山市 道後温泉/59,富山市 牛島閘門
60,富山県 南砺市城端 立志坂/61,長崎市 三上造船所

プロフィール

松本浦(まつもと・うら)
狸小路三業大学卒業後、映画館勤務を経てフリー。以後、挿絵描き。消えゆく町並みや古き建物を描き溜めている。札幌市内にてスケッチ教室を開催。

上記内容は本書刊行時のものです。