ほんま まゆみ さく
みち いずみ え
マラ・ベネマン / ほんま こうすけ えいやく
定価:¥1,500+税
ISBN978-4-89115-386-1  C8771
A4変型判/34頁/上製
[2020年11月刊行]

order-1

概 要

もりのなかまとゆきあそびするよー!
ゆきあそびだいすき!!!

「しろ」とその兄「しろあに」と姉「しろあね」、森の仲間が一面の雪の中で遊ぶ冬の絵本。
ふわふわと雪が降り積もったきらきらの世界に飛び出し、雪遊びを楽しむ兄妹たちと森の仲間がいきいきと描かれています。
絵を担当したみちさんの逝去により、絵本作家のちばみなこさんが遺志を引き継いで水彩画に仕上げました。

本文の日本語はすべて英訳つきで、日本語と英語のバイリンガル絵本として楽しめます。

プロフィール

ほんま まゆみ
絵本作家。札幌市生まれ、しろ兄妹のように山の麓を駆け回り育つ。これまで多くの国を旅し、文化の違いや様々な暮らしを知り、認め合う大切さを学ぶ。
2010年、故郷北海道ニセコ町に移住。夫とオーガニック・ワイナリーを営む。自然を愛する気持ちの大切さをテーマに『うまれたてのいろ』、『うみがだいすきさ』(絵:みち いずみ)、『こぐまのはっぱ』(絵:ちば みなこ)を創作。アメリカの絵本『あこがれの機関車』を本間浩輔と共訳する。いずれも小峰書店より出版。

みち いずみ
イラストレーター。東京都に生まれ、絵を描くことをこよなく愛した。長く住んでいた横浜市港北ニュータウン(都筑区)で「まちづくり」ボランティア活動に参加し、ポスターやチラシなどにイラストを提供する。その活動がきっかけでほんまと出会い、『うまれたてのいろ』と『うみがだいすきさ』の絵を描く。
明るく優しい人柄で、周囲の人を和ませた。晩年は長野県安曇野市の山麓で暮らす。

マラ・ベネマン / ほんま こうすけ
訳者。マラ・ベネマンはカリフォルニアに生まれ、子ども時代は豊かな自然の中で乗馬を楽しむ。ほんまこうすけは日本で生まれ、たくさんの国で暮らしカナダに永住、妻マラもカナダへ。ふたりは大自然の中、アウトドアライフを満喫し、幼い息子と色々な絵本を楽しんでいる。
『ゆき ゆき ゆき』翻訳にあたっては、米国に住む小さな詩人、甥のたいがと姪のみゆうも参加した。

上記内容は本書刊行時のものです。