978-4-89115-169-0阿部 弘 著
定価:¥1,600+税
ISBN978-4-89115-169-0  C0095
四六判/264頁/並製
[2007年11月刊行]

order-1kinokuniya

概 要

拓銀マンからカラーコーディネーターに転身した著者が、 STVラジオ「色いろ音楽館」(’05年10月~’06年4月)の パーソナリティとして、 「色」と「音楽」と「人生」について語る。
(帯文より)

目 次

はじめに
1…第1回 テーマカラー[赤]
コラム 拓銀破綻の瞬間、ピンチかチャンスか
14…第2回 テーマカラー[青]
コラム 憧れの人、加山雄三
25…第3回 テーマカラー[黄]
コラム 男の居場所
39…第4回 テーマカラー[緑]
コラム 自分らしく…
53…第5回 テーマカラー[色そのもの]
コラム 幸せってなんだ?
66…第6回 テーマカラー[ワイン]
コラム カラーコーディネーターという仕事
79…第7回 テーマカラー[オレンジ]
コラム 10年続けば…起業の覚悟
90…第8回 テーマカラー[ピンク]
コラム 朝、目覚めるのが待ち遠しい
102…第9回 テーマカラー[白]
コラム 色の勉強あれこ
115…第10回 テーマカラー[金・銀]
コラム お金好きより仕事好き
125…第11回 テーマカラー[水色]
コラム 世の中すべてデザインだ!
136…第12回 テーマカラー[鼠・茶]
コラム 教えることとは…
149…第13回 テーマカラー[花の色]
コラム ナンバーワンよりオンリーワン
163…第14回 テーマカラー[四季の色]
コラム パーソナルカラーのスキル
174…第15回 テーマカラー[黒]
コラム 借金はパワーの源
184…第16回 テーマカラー[街の色]
コラム 良いカラーコーディネートって?
195…第17回 テーマカラー[虹の色その1]
コラム 情けは人の為ならず…
205…第18回 テーマカラー[虹の色その2]
コラム 夢はいつも忘れない
217…第19回[まとめその1]
コラム つらいときこそ…
228…最終回[まとめその2]
エンディング
コラム 生きるものの歌
240…曲名一覧
244…おわりに
247…参考図書

本文より

色と音楽のコラボレーション:STVラジオ「色いろ音楽館」
 ここ最近、様々なところで「色」についての話題が絶えません。ファッションであったりインテリアであったり、広告や食品パッケージ、ヘアカラーやメイク…と色を使わないものを数えた方が早いぐらいです。
 そんなことから今話題の「色」に関する様々なエピソードや豆知識と、その色に関係する音楽を集めて放送したユニークな番組がSTVラジオ「色いろ音楽館」です。平成17年10月2日から18年4月2日まで毎週日曜(毎月最終週を除く)朝6時30分から7時まで全20回放送させていただきました。
~(中略)~


テーマ(色・音楽・人生)
 この本のテーマは「色」と「音楽」、そして「人生」です。
まずは、ラジオ「色いろ音楽館」で放送した番組の内容をほとんどそのまま活字にしました。毎日の生活の中での色の雑学、また、色彩のもつ不思議な力や色彩心理、そしてたまには私の銀行員時代の想い出なども交えた内容です。ラジオで色を伝えるのも難しかったのですが、今度は活字で色や音楽を伝えてみようと思います。50歳の私の選んだ曲ですから、皆さんの心にある想い出でなんとなく口ずさんでいただければ良いですし、若い方はメロディーが分からなくても詩を味わっていただければ幸いです。
 コラムでは色の話の合間に、「ちょっと一息」として、カラー業界のこと、サラリーマンから脱サラして創業オーナーとなり、はじめてわかった仕事のコツ、苦しい中から見つけ出した人生観、世界観など、生きることの大切さ、楽しさなども書いてみました。スクールの学長室での独り言のようなものです。
 この本は色の専門書でもなく、音楽本でもありません。もちろん経済や経営の指南書でもありません。なぜなら原稿を書いている私は学者でも研究者でもなく、札幌でちっぽけなカラースクールを経営する単なる加山雄三ファンの一経営者だからです。
 海に出る大きな船は安定していて優雅ですが、小さな船で航行するのもそれなりに楽しいものです。学術的な難しいものではなく、身近な色の話題と心に残る音楽、そしてなにより、大きな船では見ることの出来ないハートフルな人生観をこの本で楽しんでいただければと思います。
それでは、ラジオ「色いろ音楽館」いよいよオンエアです。お聴きください。(「まえがき」より)

プロフィール

阿部 弘(アベ ヒロシ)
1956年生まれ。中央大学卒業後、北海道拓殖銀行入行。1997年拓殖銀行破綻後北洋銀行に転籍。1999年から東京支店副支店長を務める。2001年、アパレル業進出のため独立。色の知識をしっかり身につけることをテーマに「44カラースクール」を開校。現在に至る。

上記内容は本書刊行時のものです。