978-4-931204-96-6高桑 哲男 著
定価:¥1,600+税
ISBN4-931204-96-1  C1081
A5判/320頁/並製
[2000年6月刊行]

order-1kinokuniya

 

概 要

日本語を愛する人の必修課外授業の本。
正しい読み書き、敬語を「覚える日本語」から新しい時代へ向けた「発想する日本語」への転換を!
本書は、豊富な日常的用法、用例を駆使して、読者とともに「日本語のあるべき姿」を探求します。

目 次

序  「私」のための日本語

1章  暮らしの中の日本語
1.1  呼びかけ
1.2  「わかりました」
1.3  一日のあいさつ
1.4  方言
1.5  ことばの音感
1.6  横書き・縦書き

2章  常用漢字・常用読み
2.1  旧字・新字
2.2  常用漢字・不常用漢字
2.3  常用漢字化
2.4  字音一致
2.5  音便・転音(その1)-がくこうとがっこう
2.6  音便・転音(その2)-にほんとにっぽん
2.7  音便・転音(その3)-「目」で「見る」
2.8  常用読み

3章  カタカナ・ひらかな
3.1  ローマ字
3.2  カタカナ表記
3.3  子供用言語
3.4  振り仮名・送り仮名
3.5  囲卓する・卓囲する
3.6  指揮する・指揮る

4章  二つの国文法
4.1  日本語と国文法
4.2  日本語憲章
4.3  解析型文法と合成型文法

5章  用語とその活用
5.1  動詞の活用
5.2  形容詞とその活用
5.3  形容動詞とその活用

6章  助動詞とその活用
6.1  助動詞の分類
6.2  助動詞各論
6.3  「ならない」
6.4  「切れる」と「着れる」
6.5  「着させる」と「着らせる」

7章  文づくり
7.1  文の種類
7.2  素語・文素
7.3  最小素語の合成
7.4  助詞
7.5  文型
7.6  終結部
7.7  敬語

プロフィール

高桑 哲男(タカクワ テツオ)
1940年、北海道小樽市生まれ。北海道大学大学院工学研究科修士課程修了。工学博士。同研究科元教授。専門は環境衛生工学。著書に、「配水管網の解析と設計」(森北出版)、分担執筆に「土木計画数理」(朝倉書店)、「土木工学ハンドブック」(技報堂)、「水理公式集」(技報堂)など。一般書に、「発想練習」(中西出版)。「『諺』今、その謎が解けた!」(中西出版)。

上記内容は本書刊行時のものです。