978-4-89115-117-1早川 禎治 著
定価:¥1,500+税
ISBN4-89115-117-X  C0026
B6判/344頁 /並製
[2003年4月刊行]

order-1kinokuniya

 

【電子書籍版は下記書店から 希望販売価格:¥800+税

booklivehontokinokuniyasonykindle_storekobo

概 要

中国のチベット地方、州都ラサより西へ1200キロに位置するカイラス山は、特別入域許可証がない限り原則として入域を認められていない。
本書は、日本人でありながらヒンズー教団の一員としてカイラスをめぐった著者が、インダス川からパミールへ、さらにネパールからカイラスへと至る漂白の旅を綴った貴重な体験書である。
道中、ナブラ村の磨崖仏にまつわる魔物伝説を聞き、カラコルムのアマチャリ王朝35代当主とも会見した。ネパールでは、ゴキョリ・ナガルジュン登山、雨の中のクンプでは、木登りランやヒマラヤの青いケシの花について語っている。そして、特に本文中のカイラス巡礼は、金や物でしか語ることのできない生とは、いったいなんなのか?など、我々日本人が失いかけている大事なことを語りかけている。

目 次

インダス川からパミールへ

 1 ヤシャニ伝説(ナブラのブッダ)
 2 仏陀と菩薩の間
 3 ナンガパルバットをみにいく
  アストール川へ/ルパル村のあたり/ナンガパルバットBC/ ギルギット帰還
 4 カラコルムの旧藩王国を訪ねて
  スカルドまで/シーガルの旧王宮へ/ラジャ会見記/ハプルーというところ/マッシャブルーム/邂逅
 5 パミールの風
  フンザからソストへ/フンジェラブ峠へ/パミールの風/荵嶺守捉/タジクの農家
 6 カシュガル
  カシュガルへ/ウイグルの大地
 7 タクラマカン砂漠へ
  和田からケリヤへ/ウイグルの大道芸人/砂漠、最深部へ

ネパールにて
 1 カトマンズにて
 2 ダマン峠のあたり
 3 フルチョキ、花の旅
 4 ゴラパニ峠再訪
 5 ゴキョリ登山
 6 ナガルジュン登山
 7 雨の中のクンブ

カイラス巡礼
 1 巡礼団への合流
 2 チベット高原へ
 3 ニャーラム
 4 大河ツアンポ川
 5 ツアンポ物語
 6 マナサロワル湖
 7 ダルチェン
 8 カイラス巡礼
 9 巡礼をおえて
  巡礼する人/カイラス、この始原なるもの/天葬の場でかんがえたこと/食べ物と排泄

プロフィール

早川 禎治(ハヤカワ テイジ)
1939年、北海道生まれ。北海道大学卒業。日本山岳会会員・第二次野帳同人。
(著書)『知床記』『後方羊蹄山登攀記』『ネパールの花』『手稲山紀行・傷ついた自然の側から』

上記内容は本書刊行時のものです。