978-4-89115-228-4北岡 けんいち 著
定価:¥914+税
ISBN978-4-89115-228-4  C0036
四六判/228頁/並製
[2011年7月刊行]

order-1order-3

【電子書籍版は下記書店から 希望販売価格:¥500+税

booklivehontokinokuniyasonykindle_storekobo

概 要

創作日誌ですが韓国ドラマを思わせる、日常生活の中に微妙な動きを厳しく、しかし優しく捉えています。更に、その解決策を運気上昇一言として並々ならぬ工夫を展開していますね。「きっと、うまくいく」と読者が素直に納得出来るよう、初著作ではないのに緊張し書き進めた瘢(あと)が見えて好感が持てます。余計な事ですが仕事や生活で日頃、心も体も忙しい、平均的で真面目な沢山の介護員さんに読まれれば…と感じました。

吉田宏平(社会福祉法人北勉会評議員)

目 次

第一章  「街角のリョウジ」
  日詩1~9話
第二章  「忘れられた父親」
  日詩1~7話
第三章  「新人の発言から」
  日詩1~9話
第四章  「独身アラフォー男」
  日詩1~8話
第五章  「タバコ3本間の裏切り」
  日詩1~8話
第六章  「終わったかも」
  日詩1~7話
後書きに代えて
自己解説 「笑いなきにあらず」の覚え書き

本文より

8月の白い太陽~序に代えて
     施設の名誉のためよ
     ガンバって! 女性ベテラン職員らの
     からかい気味?の激励を 背中に受け
     若い男性は 気の利いた返しが出来ず
     開講1時間前 まっすぐ塾に向かう

     校舎はまだ物音一つしない
     お昼の1時になって 太陽は輝き
     ケアマネ塾生が ようやく全員揃い
     しかし君は 相も変わらず無言で
     耳だけをすまし 道路には人影もなく

     3人の講師が入れ替わり
     一人70分の講義を 熱気を込めて話し
     「円周率みたい… 授業が長くて」
     隣の仲間の 小さな独り言を聞き
     白く太陽は輝き 週末の午後は過ぎ

     日差しはますます熱く
     夜勤を終えて 塾に駆け付けた君の
     ノートには汗がシタタリ落ち けれど
     受験への心意気は 若者の胸の中で
     静かにしずかに 燃え上がって…

プロフィール

北岡 けんいち(きたおか けんいち)
1946年、北海道小樽市生まれ。1971年、北海道大学医学部卒業。老人保健施設ラポール東小樽勤務中。

上記内容は本書刊行時のものです。