978-4-89115-278-9

公益社団法人 日本建築家協会北海道支部 監修
定価:¥1,238+税

ISBN978-4-89115-278-9  C0452
A4判/160頁/並製
[2013年4月刊行]

order-1

order-3

概 要

前半は北の建築家たち56組の経歴や施工実績などを、ふんだんな写真で紹介。
後ろから読み進む後半は「+αのDesign」と題し、施工例やインタビューなどで構成。
建築家との家づくりのプロセスなど、参考となる情報が満載。

目 次

「56組の建築家たち」
01 大田 司  DAIDA DESIGN STUDIO
02 堀尾 浩  堀尾浩建築設計事務所
03 前川 尚治  株式会社 コウド一級建築士事務所
04 水谷 哲大  ミズタニテツヒロ建築設計
05 大杉 崇  ATELIER O2
06 岡田 順博  株式会社 岡田建築計画工房
07 眞壁 喜男  くりえいと創
08 灘本 幸子  灘本幸子建築設計事務所
09 米田 浩志  北海学園大学工学部建築学科米田浩志研究室
10 五十嵐 雄祐  五十嵐ユースケ設計室
11 石塚 和彦  石塚和彦アトリエ一級建築士事務所
12 中井 寿也  一級建築士事務所 アトリエTARO
13 湊谷 みち代/大塚 達也  一級建築士事務所 株式会社エム・アンド・オー
14 川人 洋志  川人建築設計事務所
15 圓山 彬雄  株式会社 アーブ建築研究所
16 藤島 喬  有限会社 TAU設計工房
17 染谷 哲行  アルクム計画工房
18 伊達 昌広  有限会社 伊達計画所
19 中薮 則喜  有限会社 中薮建築工房
20 國澤 利光  株式会社 ZEROM國澤計画設計室
21 鈴木 理  鈴木理アトリエ一級建築士事務所
22 豊嶋 守  株式会社 画工房
23 石田 純枝  有限会社 建築計画工房あとりえコア
24 宮崎 正之  株式会社 エー・ジー総合設計
25 笹栗 達夫  株式会社 シード 一級建築士事務所
26 松橋 常世  有限会社 松橋常世建築設計室
27 大坂 崇徳  アーキラボ・ティアンドエム
28 中山 眞琴  株式会社 ナカヤマアーキテクツ
29 井上 武久  井上武久建築事務所
30 目黒 泰道  メグロ・アーキ・スタジオ
31 赤坂 真一郎  株式会社 アカサカシンイチロウアトリエ
32 羽柴 功一  株式会社 アトリエ ジーセブン
33 佐藤 泰裕  株式会社 アトリエ ジーセブン
34 山本 亜耕  山本亜耕建築設計事務所
35 畠中 秀幸  スタジオ・シンフォニカ有限会社
36 小倉 寛征  Sa design office 一級建築士事務所
37 日野 桂子  ヒノデザインアソシエイツ
38 小西 永高  株式会社 小西建築工房
39 遠藤 謙一良  株式会社 遠藤建築アトリエ
40 奈良 謙伸/奈良 顕子  有限会社 奈良建築環境設計室
41 小杉 朋希  こすぎ建築計画室
42 五十嵐 淳  五十嵐淳建築設計事務所
43 小西 彦仁  有限会社 ヒココニシ設計事務所
44 新岡 康  新岡康建築設計事務所
45 櫻井 百子  atelier momo
46 照井 康穂  照井康穂建築設計事務所
47 戸島 健二郎  戸島健二郎建築設計 一級建築士事務所
48 小野寺 一彦  有限会社 設計工房アーバンハウス
49 鈴木 敏司/井端 明男  株式会社 アトリエアク
50 川村 弥恵子  有限会社 TAO建築設計
51 二本柳 慶一  二本柳慶一建築研究所
52 山之内 裕一  山之内建築研究所
53 山内 一男  株式会社 建築企画山内事務所
54 軽部 望  軽部建築制作事務所
55 小澤 武  小澤建築研究室
56 北浦 丈士  キタウラ設計室

「+αのDesign」
はじめに
建築家とつくる住まいとくらし  +αのデザイン4例
室内気候デザインを建築家とともに考える  インタビュー・コラボレーターに聞く 斉藤雅也
社会の変化が住まいのデザインを進化させる  インタビュー・JIA北海道支部環境部会に聞く座談会 住宅賞を振り返って  北海道の建築家住宅を語る
建築家と一緒に、家をつくる―プロセス  建築家ってなに?/Step/Q&A

本文より

はじめに

“建築家”と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。
さらには“北海道の建築家”となると、どうでしょうか。

一年の約半分を寒さと雪に覆われる北海道。
その自然環境の厳しさゆえに、いかにして人々の命を守り、
快適に生活を営める住まいをつくれるのか、常に産学官が連携をして、
断熱気密や暖房設備など、寒さと雪に対するさまざまな研究と実践を繰り返し、
最適な方法を築き上げてきた歴史があります。
その連携の場には、もちろん常に建築家もいます。技術的な問題にも直面し、
試行錯誤をしながら性能向上と同時にデザイン性の追求を行ってきました。
そうして、特有の気候風土のなかで、美しく快適な住宅建築をつくるための
手法を生み出してきました。これは北国のみならず有効な手法です。

建築家設計による住宅には、見た目のデザイン性に加え、
住み手のくらしと調和するデザインや、新たな空間のデザイン、
五感を刺激するデザイン…etcが織り込まれているのも魅力。
これらは、建築家による+αのデザイン、価値といえます。
そして、これまで北海道で蓄積された知見により、
高い性能と一体化したデザイン、省エネのデザインを生み出せるのも
他の地域にはない特徴であり、+αのデザインの一つです。
そんな北海道の建築家住宅の魅力を
本書を通して感じ取っていただけましたら幸いです。

 プロフィール

公益社団法人 日本建築家協会北海道支部
北海道札幌市中央区南1条西8丁目14-3
さっぽろ第2スカイビル5F
TEL 011-261-7708
FAX 011-251-4866

上記内容は本書刊行時のものです。

※お詫び

本文66ページ、羽柴功一の受賞経歴の内、
——————————————————–
1992年 北海道近代文学館(仮称)構想
     設計競技入賞
1994年 北海道立釧路芸術館(仮称)
     構想設計競技入選
——————————————————–
に関しては、当時在籍していた有限会社 村上建築設計室が受賞したものであり、個人が受賞したものではないため、プロフィールから削除し訂正すると共に、誤解を招く表現となった事を深くお詫びいたします。
  2013年9月11日

アトリエジーセブン 羽柴 功一