978-4-89115-203-1写真/石井 一弘
監修/三浦 光世
定価:¥1,200+税
ISBN978-4-89115-203-1  C0072
変形判/120頁/並製
[2015年8月刊行]2015

order-1order-3

概 要

元朝日新聞報道カメラマンの石井一弘が作家・三浦綾子の作品の舞台を訪ね撮りためた写真と作品の文章をコラボレーションした写真集。

目 次

小さなロバまえがき   三浦光世
氷点
ひつじが丘
積み木の箱
塩狩峠
道ありき
続・氷点
残像
細川ガラシャ夫人
天北原野
石の森
広き迷路
泥流地帯
続・泥流地帯
海嶺
愛の鬼才
ちいろば先生物語
旧約聖書入門
新約聖書入門
明日をうたう
解説 森下辰衛
あとがき

本文より

まえがき

 このたび写真家の石井一弘さんが、妻三浦綾子の小説を舞台にした写真集を出版された。とても面倒な仕事である。しかし、これをあえて された。何ともおそれ多い。石井さんは朝日新聞社で写真を撮ってこられた方で、富に優れた写真家である。それにしても、小説家の辿った風景を追い、これを 写真集として残すことは、決して生やさしいことではない。もし妻綾子が生きていて、これらの写真を見たとしたら、おそらく驚嘆したことと思う。