9784891152758L企画・編集/北海道同人雑誌懇話会
定価:¥1,500+税
ISBN978-4-89115-275-8 C0091
四六判/312頁/並製
[2012年10月刊行]

order-1order-3

概 要

~本書の魅力は同人層の広がりだけではありません。北海道内の同人雑誌を全て網羅する勢いで「北海道の同人雑誌、最新号掲載作品目録」を巻末に載せました。復刊、二誌合同発行や「手作り」同人誌も含めこの一年間の北海道の同人雑誌の動向がよくわかる全国的にも貴重な資料でもあるのです。~(「あとがき」より)

目 次

懇話会に期待する 神谷 忠孝(北海道文学館理事長)
ピーチガールズ 赤松 亜美(いずみ同人会)
ペンギンの涙 金山 道子(札幌文学会)
無口な犬、シロよ 北村くにこ(人間像同人会)
琴女伝「飛燕」 小林 日生(文芸サークル互楽)
鉄道狂時代―明治の鉄道建設事情と伝説の男たち―
柴田 耕平(北海道鉄道文学会)
人生の穴ぼこ 清水谷のぶ子 (文学岩見沢の会)
ふる寺の名残 武田 行成(ほむら)
神様の落書き 東道まりこ(江別文学の会)
優しいひと 中原 邑子(椽の会)
同人雑誌と文学 根保 孝栄(コブタン文学会)
肉 親 林 敏子(緒里尽の会)
さつき姫のノート 行方 のな(河の会)
石 棺 る し あ(山音文学会)
作品掲載は五十音順
北海道の同人雑誌、最新号掲載作品目録
「北海道同人雑誌懇話会」参加同人雑誌
あとがき 坂本順子・田中和夫

まえがき等

懇話会に期待する
北海道文学館理事長 神 谷 忠 孝

 北海道同人雑誌作品選集が第1、2集に続き第3集が発刊されたこと、ご同慶に存じます。私は一九七八年から一九九一年まで北海道新聞、読書北海道に「道内同人雑誌評」を書きました。四一歳から五十代前半にかけて、道内の同人雑誌すべてに目配りして佳作を発掘する仕事はやり甲斐がありました。その縁で今も同人誌の寄贈を受けています。昔なじみの人が健筆をふるっている様子を見るにつけ、文学は持続力が肝要であることを実感しております。
 好景気時代には北海道新聞社が「新鋭小説集」を刊行していたのですが、やがて立ち消えとなり寂しく思っておりました。二〇一〇年に北海道同人雑誌作品選集が発刊されたときは心底から喜んだものです。この企画を推進されている懇話会関係者に敬意を表するとともに、今後とも継続することに期待しております。継続は力なり、です。評者を増やすことにも力を入れて公平性を保ち、充実した作品選集に仕上げていただきたい。

プロフィール

2009年6月、「札幌文学」編集人 田中和夫氏、「江別文学」編集人 萩原英一氏、「鉄道林」編集人 坂本順子氏の3名を呼びかけ人として、設立総会を開いた。このときの参加者数は10団体、第2回総会で14団体となった。
2011年9月現在で17団体を数え、札幌圏外からの参加団体も増えたため、北海道同人雑誌懇話会と改めた。

上記内容は本書刊行時のものです。