人と地域と文化を繋ぐ

沿革

1986年 中西印刷出版事業部としてスタート「SLよ永遠に」を発刊。
1987年 「ありがとう青函連絡船」「日々幸せ感じ上手」(日高晤郎著)などが道内ベストセラーになる。
1988年 中西印刷株式会社から分離独立、「北海道の文化を豊かにする」をモットーに中西出版株式会社を設立。
1989年 「北海道中ひざくりげ」(NHK北海道中ひざくりげ取材班編)「北海道とっておきの温泉」(松田忠徳著)「北海道昔ばなし」などを発刊。
1990年 トーハン、日版と取次契約を結び、全国の書店へ配本可能となる。
1992年 「姉妹占い」(神円水・観火美共著)が道内ベストセラーになる。「シルクロード神の回廊」「北海道大地の光景」などを発刊。
1993年 「パリ近郊名画のある風景」「シルクロード風の回廊」などを発刊。
1995年 資本金710万円に増資。
1996年 資本金1,000万円に増資。「北を飛ぶ」「北海道誘われて二人旅」「北海道とっておきの市町村営温泉」「北海道の焼きもの」などを発刊。
1997年 「教育は家庭から」(池上公介著)「モンゴル」などを発刊。
1998年 「北の火の山」「押花アート」などの発刊。
1999年 「夢の宛て先」「食らわんか茶碗」「観光の島北海道」「北海道おもしろ博物館」「北海道きわめつきの温泉」「消えゆく月に」「発想練習」などを発刊。
2000年 「傷ついた自然の側から」「日本語の自学自修法」「拝啓 アナウンサー・タレントをめざす人へ」「北海道 原生花園の野鳥」などを発刊。
ISBNコード100号を突破。
2001年 「競馬ファンは文数両道」「わたしはジャパ外人」「モンゴルの歴史」「道産子のルーツ事典」などを発刊。
2002年 「ほっかいどう百年物語」「続・ほっかいどう百年物語」が道内のベストセラーとなる。「メスと手のわざの医療物語」「ことわざの裏とウラ」「パスポート」「日米バブルの金融論」「胎教ルネッサンス」「モンゴルの真実」「逆光の維新」などを発刊。
2003年 「カイラス巡礼」(早川禎治著)などを発刊。「続々・ほっかいどう百年物語」「『諺』今、その謎が解けた!」等を発刊。
2004年 「シエラの暮らし」「第四集 ほっかいどう百年物語」「ザバーン 北海道野生博物館」「日高晤郎名言集 言葉のビタミン」「還暦入学泣き笑い」「流氷の海に生まれて「知床のなかまたち」」「メイフィールドに吹く風」「モモの贈り物」「中曽根・小泉3000日」「感動のいろは歌留多」「第五集 ほっかいどう百年物語」などを発刊。
2005年 「遠くまで行くんだ」「ロシア国境記者」「自分史の日々」「Wake Up」「大地の砂金」「ふくろうたちのひとりごと」「知床-北の方舟-」「北海道の渓流釣り-ここなら釣れる」「北の礎-屯田兵開拓の真相」「私の国語力」「個の算数力」「第六集 ほっかいどう百年物語」「わたしの圧法」「おばけのマールとまるやまどうぶつえん」などを発刊。
2006年 「日本語版Figurenotes(フィギャーノート)」「ホッカイドリームソーダ」「玉砕の島々 太平洋戦争」「屯田学校-北海道教育の礎」「株式投資事始め」「ことわざ力」「写真集 花」「おばけのマールとゆきまつり」「第七集 ほっかいどう百年物語」「半主権国家・日本はどこから来たのか」などを発刊。
2007年 「ぶんがくのひとりごと」「日本語とアイヌ語の起源」「アイヌモシリ紀行」「ツルになったおばあちゃん」「混沌の構図」「コツコツ資産育」「北海魂の人」「ほっかいどうの狛犬」「老いを介護する若者たち」「色いろ音楽館+PLUS」「おばけのマールとおべんとう」などを発刊。
2008年 「第八集 ほっかいどう百年物語」「北の音楽戦士たち」「失われた日本の25年は終わった」「北海道の将来を展望(デザイン)する1」「豊かさをつかむために」「野菜博士のおくりもの」「新たなる北へ」「日刊吉田」「時計台ものがたり」「北海道の将来を展望(デザイン)する2」「おばけのマールとちいさなびじゅつかん」「知って、楽しむ 松田教授の温泉道」などを発刊。
中西出版創立20周年記念-感謝の集い-を開催。
2009年 「老い人の町」「北海道の将来を展望(デザイン)する3」「北海道発流通・サービスの未来」「走れ!ダーウィン JR北海道と柿沼博彦物語」「最果ての機関車たち」「第九集ほっかいどう百年物語」「縄文の森へようこそ」「北海道文学の跫音」「北海道観光の自立を探る」「なるほど!正しい事業承継」「あかね色の夕張」「にこにこぎゅっ」「介護員の職場セミナー」「勤労学徒たちの太平洋戦争」「心と体にいい話 108選」「日本一周by自転車」「小さなロバ-三浦綾子の舞台を旅する-」「北海道発知恵の力仕事」「北海道のうつわびと」を発刊。
2010年 「食の安全は北海道から I」「第十集 ほっかいどう百年物語」「アイヌモシ・北海道の民衆史」「銀幕遊びの流れ旅」「天皇の親代わり-鈴木貫太郎とたか夫人」「にこにこぎゅっ おとうさんのて」「札幌地方同人雑誌作品選集-第1集」を発刊。
「おばけのマ~ルとまるやまどうぶつえん」のiPadアプリ(日本語と英語の2カ国語対応)を制作・配信。
2011年 「アイヌ風俗画の研究―近世北海道におけるアイヌと美術」「セピア色が語る札幌市電」「基礎からの英語学習」「北海道の鳥瞰図」「サンタになった魔法使い」「言霊居酒屋」「北海道の観光を変える」を発刊。
4月、電子書籍版「ほっかいどう百年物語【開拓・町づくり編】」をボイジャーストアにて配信を始める。
9月、「アイヌモシリ・北海道の民衆史」(杉山四郎著・前年発刊)が第14回日本自費出版文化賞の大賞を受賞。
10月、App Store上に、電子書籍専門ストア「ブック・ネット北海道」を開設。 札幌市内の4出版社の書籍の配信をスタート。
11月、BookLive、SONY Reader Store、紀伊國屋書店BookWebなどの各電子書店サイトでも配信開始。
2012年 「未来の介護員」「流刑地哭く」「懐かしの北海道の鉄道」「馬のいた風景」「写真集 越冬」「失敗しない事業承継の知恵」「おばけのマ~ルとおかしなとけいだい」などを発刊。
11月、第14回図書館総合展(パシフィコ横浜)で大日本印刷・図書館流通センター主催のフォーラム(テーマ「やってみてわかった、電子図書館のイロハ」)で、林下社長が講師・パネラーを務める。
2013年 「大逆罪」「金融経済と証券投資」「建築家カタログ」「学力危機 北海道」「お酒を手にした未成年のあなた」「札幌ものがたり」「敗軍の将、輝く 榎本武揚“生きざま”の検証」などを発刊。
6月、一般社団法人北海道デジタル出版推進協会(略称:HOPPA)設立。林下社長が代表理事に就任。
10月、第15回図書館総合展(パシフィコ横浜)で、大日本印刷・図書館流通センター主催のフォーラム(電子図書館は普及するか―「TRC-DLの取り組みから」)で、林下社長が「HOPPA」代表理事として講演。
2014年 「知らなかった こんな旭川」「ワンプレートdeバランスごはん」「海峡の十字架」「おばけのマ~ルとふしぎなかがくかん」「日本語の起源と我らが祖語」「学船 北海道大学洋上のキャンパス おしょろ丸」「地域とともに生きる建設業」「隠蔽された ベトナム戦争脱走米兵亡命作戦」「北海道同人雑誌作品選集 第5集」などを発刊。
4月、札幌市中央図書館リニューアルオープン。電子書籍館内閲覧サービスが開始される。
5月、記録管理学会2014研究大会にて林下HOPPA代表理事が講演。
6月、札幌市中央図書館主催の「図書館フォーラム」に林下HOPPA代表理事がパネラーとして参加。
2015年 「笠井誠一」「イノベーションへの挑戦」などを発刊。
1月、「おばけのマ~ル誕生10周年展」開催
5月、紀伊國屋書店での、電子書籍「緑の手づくり」発刊フォーラムに協力
12月、北海道久成会と共催で、パネル展【北で燃えたサムライ 村橋久成展】を紀伊國屋書店で開催。
2016年 「箱館戦争再考」「新・金融経済と証券投資」「生徒指導の危機」「矢島さとしの まるごと北海道みやげの歴史」「若者の「地域」志向とソーシャル・キャピタル」「〝あの日たち〟へ-~旭川・劇団『河』と『河原館』の20年~」などを発刊。
2017年 「新版 武四郎碑に刻まれたアイヌ民族 -民族の復権をめざして」「日誌 介護員のジュン」などを発刊。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 011-785-0737 8:30 -17:00

PAGETOP
Copyright © 中西出版株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.